line
『オフィスで心と体ケア』アドバンスドプログラム
医師との連携により『心と体のケア』をトータルケア。より高度で決め細やかなサービスを提供します。
アドバンスドプログラムの流れ
No1 サービス提供前、コンサルティングの段階で社員様にチェックシート(問診表)に記入していただきます。
target
No2 企業社員様にマッサージサービスを実施します。
target
No3 定期的(2〜3カ月)にマッサージを実施し、再度チェックシートに記入していただきます。
target
No4 チェックシート項目の中の「看護師や医師のアドバンスドプログラムを希望する」にチェックがされた場合に提携病院を受信していただき、専門医との連携により、総合的なケアプログラムを構築します。
photo
提携医療機関
おおくぼ内科医院
推薦のことば
最近、難治性の腰痛・頚肩部の痛みや倦怠感の原因にはうつ病などの精神疾患や生活習慣病が隠れている場合が多く見られます。
整形外科で異常なしと診断されて誰にも相談できずに苦しみながら仕事を続けることで症状が悪化してしまい、仕事の能率の低下や離職の原因になってしまいます。
経験を積んだ理学療法士が身近でケアすることで早期に心と体の問題を解決すれば個人・職場にとって安心です。
ファインハイト代表の齋藤さんは病院だけでなく在宅での理学療法の経験も豊富で信頼しています。
当院では精神疾患や生活習慣病が疑われる場合ご協力いたします。
メディカルスポーツクリニック
推薦のことば
医学の進歩に伴い、現在様々な治療や予防が存在します。
我々、専門のドクターが体の機能向上やケアについて全幅の信頼を置いているのが理学療法士です。
彼らは解剖学や運動生理学といった基礎医学を十分にマスターした上で、日々、患者様に対して適切な医療サービスやアドバイスを提供しているからです。
ファインハイト代表の齋藤さんは理学療法士として十分なスキルと「人を診る」臨床経験を有し、「予防に勝る治療なし」を日々実践しています。
医師としてファインハイトの提供する医療サービスに期待を寄せています。